2007年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
--年--月--日(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007年07月08日(日)
「GDP」トレードに必要な経済指標 第3回目
トレードに必要な経済指標 第3回目はGDPです。

GDPとは国内総生産のことで国内において一定期間に生み出された財(モノ)・サービスの付加価値の総額です。

付加価値とは売り上げマイナス仕入れです。

例えば私たちが食べるパンの場合だと、まず農家の人が小麦を作って製粉所に3万円で売った場合農家の人が生み出した付加価値は3万円です。

その小麦を製粉所の人が加工して小麦粉を作り、パン屋さんに5万円で売ると製粉所が生み出した付加価値は5万-3万で2万円です。

パン屋さんは5万円で仕入れた小麦粉でパンを作り、8万円で私たちにパンを売ります。
すると、パン屋さんの生み出した付加価値は8万-3万で3万円です。

つまりパンができるまでに農家の人は3万の付加価値を作り製粉所は2万の付加価値を作りパン屋さんは3万の付加価値を作りその付加価値の合計は8万円になります。
そうするとこの付加価値の合計はパン屋さんが私たちに売ったパンの値段と同じ8万円になるのです。
これをパン屋さんだけではない全産業やサービスで付加価値の合計を計算したものが国内総生産GDPなのです。

ちなみにGDPの伸び率を経済成長率と呼びます。
日本は高度成長期の経済成長率は毎年10%を超えましたがバブル崩壊以後1%台となってます。
この情報がお役に立てばここをポチッと押してblogランキング投票お願いします


スポンサーサイト
【編集】 |  14:35 |  デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。