2017年02月/ 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月
--年--月--日(--)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007年07月08日(日)
「GDP」トレードに必要な経済指標 第3回目
トレードに必要な経済指標 第3回目はGDPです。

GDPとは国内総生産のことで国内において一定期間に生み出された財(モノ)・サービスの付加価値の総額です。

付加価値とは売り上げマイナス仕入れです。

例えば私たちが食べるパンの場合だと、まず農家の人が小麦を作って製粉所に3万円で売った場合農家の人が生み出した付加価値は3万円です。

その小麦を製粉所の人が加工して小麦粉を作り、パン屋さんに5万円で売ると製粉所が生み出した付加価値は5万-3万で2万円です。

パン屋さんは5万円で仕入れた小麦粉でパンを作り、8万円で私たちにパンを売ります。
すると、パン屋さんの生み出した付加価値は8万-3万で3万円です。

つまりパンができるまでに農家の人は3万の付加価値を作り製粉所は2万の付加価値を作りパン屋さんは3万の付加価値を作りその付加価値の合計は8万円になります。
そうするとこの付加価値の合計はパン屋さんが私たちに売ったパンの値段と同じ8万円になるのです。
これをパン屋さんだけではない全産業やサービスで付加価値の合計を計算したものが国内総生産GDPなのです。

ちなみにGDPの伸び率を経済成長率と呼びます。
日本は高度成長期の経済成長率は毎年10%を超えましたがバブル崩壊以後1%台となってます。
この情報がお役に立てばここをポチッと押してblogランキング投票お願いします


スポンサーサイト
【編集】 |  14:35 |  デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2007年07月03日(火)
「鉱工業生産指数」 トレードに必要な経済指標 第2回目
トレードに必要な経済指標 第2回目は鉱工業生産指数です。

これは見聞きしたことが多い指標だと思います。
それもそのはず経済産業省が毎月調査発表してる経済指標だからです。

速報は翌月末、確報は翌々月中旬に公表されます。
確報はあまり気にしなくて良いです、注目度が高いのは速報値です。

内容は鉱業と製造業(一部)が生産をしている量を基準年を100として指数化したものです。

景気がよさそうだと思えば企業はたくさん生産しますよね?
実際の生産している量の指数なのでリアルですし景気に敏感に反応します。
生産動向を測る上で、最も有力な指標として重要視されています。

で、そもそも鉱業って何?となるのですが、鉱業とは金や銀、鉄、石炭などを産出する産業で製造業とはモノ(食品、繊維、化学、機械、精密機器など)を作り出す産業のことです。

ちなみに経済産業省が先月6/28に発表した5月の鉱工業生産指数(速報、2000年=100、季節調整値)は前月を0.4%下回り、107.0でした。
これで3カ月連続のマイナスとなりました。
理由は携帯電話用の輸出向け半導体など電子部品・デバイスの伸び悩みでした。
経済産業省はこの結果から生産の基調判断を「緩やかな上昇傾向」から「横ばい傾向」に下方修正しました。

ここでも重要なのは実際の数値のことより市場予測とくらべてどうであったか?ということです。
このときの市場予測の平均はプラス0.8%(日経QUICKニュース社調べ)で実際の指数は市場予想を大きく下回ってました。

つまりマーケットにとっては悪材料であったわけです。
これをある程度予測できればデイトレやスイングトレードにも武器になるのではないでしょうか?
この情報がお役に立てばここをポチッと押してblogランキング投票お願いします

【編集】 |  19:04 |  デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2007年07月02日(月)
「日銀短観」 トレードに必要な経済指標 第1回目
日銀短観とは日本銀行が短期的な景気動向を見るために作成している短期経済観測のことです。

日銀短観の中で重要なのは経営者の業況判断DIというものでこれは実際約9000社の社長さんにアンケートをとり、景気が良いと感じる人が過半数となればプラスの数字になるものです。
もちろん景気が悪いという人が多ければマイナスになります。

毎年、3・6・9・12月に調査を実施し、翌月の4・7・10月の初旬と12月の中旬に公表されます(公表時刻は午前8時50分)。

ちなみに本日7/2の朝 6月の短観が発表されました。
業況判断DIは大企業製造業でプラス23と、前回調査の3月と比べて横ばいで本日の日経平均を見ると小幅高だったことから市場参加者は依然として企業活動の足どりがしっかり推移していると感じてるようです。

日銀短観はデイトレにもスイングトレにも大きく影響する市場参加者が特に注目してる指標です。
miyaも今日改めて勉強しました、みなさんも覚えてくださいね♪
この情報がお役に立てばここをポチッと押してblogランキング投票お願いします
【編集】 |  23:25 |  デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
2007年07月02日(月)
デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方スタート!
今日から「デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方」スタートします。

miya自身 株をする前は新聞やテレビなどで日々公表される経済指標の数字など見ても結局それが良いのか悪いのかあまりわからないことが多かったです。
でも少しずつ勉強していくことで分かってきたところです。。

そこでこのカテゴリーではたくさんある経済指標の中から特にデイトレードやスイングトレードする上でぜひ知っておきたい経済指標の見方を説明していきます。
miyaなりになるべく簡潔に説明していこうと思いますのでみなさんも一緒に勉強していきましょう!
miya6.gif

4723
【編集】 |  22:57 |  デイトレード スイングトレードに必要な経済指標の見方  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。